Login - Become a member

史上屈指

Forums home -> General Discussion -> 史上屈指

post reply

史上屈指 
By smitheric on Oct 25, 2012 06:19 AM
史上屈指のエポックメイキングと言える


なかでも後述のWHITE DUNK展を記念して2003~2004年限定発売されたパリロンドン東京モデルや、nike エアフォース1ナイキSB初制作のスケートムービー『Nothing But The Truth』完成披露に際して2007年発表された"WHAT THE DUNK"はナイキスケートボーディング史上屈指のエポックメイキングと言えるだろう。バスケットシューズ ジョーダンこれらナイキダンクプロSBの名機がスケートカルチャーを媒介にナイキダンクの新しい価値観を創造したのは紛れもない事実だ。ナイキ バッシュナイキダンクの復刻と共に1999年制作されたWU-TANG CLANのプロモーションモデルが記念すべきコラボレーションの第1号となる。以来、2001年のATMOSおよびSTUSSY共同企画の記録的なヒットを経て、常にブランドの求心力を刺激するカンフル剤としての役割を果たしてきたナイキダンクのコラボレーション。L.A.スニーカーカルチャーの最前線「UNDEFEATED」のプロモーションモデルを相次いで手掛けた2002年。エアジョーダン7翌年には世界的なグラフィティライターのスタッシュとエリックヘイズがそれぞれ作品を発表する。スタッシュはわずか50足限定のカスタムダンクを、ヘイズはスプレーペイントによるハイカットとローカットを制作。
また同じ2003年末、NBAのスーパースターに捧げるレブロンジェームスのプロモーションモデルが登場し、いずれも大きな話題を呼んだ。ナイキ スニーカーそうしたキックスカルチャーを専門に扱う『SOLE COLLECTOR』誌との共同企画が実現したのは2005年のこと。ここで日本の国内事情に目を向けると、アーティストをパートナーに迎えた共同企画では、2005および2006年に木村カエラが、2006年にマイティクラウンがそれぞれナイキダンクとコラボしている。
Reply with quote

post reply

Page 1 of 1 Go to page: 1
Subscribe to RSS
Follow us on Twitter

 

Copyright © 1996-2010 Raphael Benedet - Contact Us